読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウナチャンマンは底辺がニヤニヤしながら観察する対象に成り下がった。

1021738902.jpg

ウナチャンマンの今の生活はもはや世の中から置いていかれた独居老人。
パトロンから買ってもらった居酒屋はまだ健在のようだが、住んでいる部屋は既に以前の面影はない。
雑談系生主と言うのは何故か40歳を過ぎると生活に暗雲が立ち込める。
ここでようやく理解できるのは、どんなに今まで自由に見えても退職金ボーナスありの仕事の在り方に生主では緒戦敵わないと言うことだ。
ウナチャンマン自体″俺もいつパンクするか分からない″と言っていたし最早ウナチャンマンにかつての勢いはない。
最早本気でウナチャンマンに怒ったり嫉妬する人間なんて以前よりはごく僅かだろう。
皆ウナチャンマンがいつ死ぬかニヤニヤしながら見ている。
それにウナチャンマンの配信はアンチが金になるようなものではない。
ウナチャンマンの配信は振り込み式で広告収入なんてない。
アンチは安心して見れる。
ウナチャンマンはずっと太いパトロンに依存する体質だったから悪い言い方をすると金持ちのペットのような状態だった。

ウナチャンマンのアンチなんて大体が生活が不自由な連中だろう。
そういう人間が対象に望むのは分かりやすい死ではない。
自分も死にたいのに嫌いな人間にそれを望むはずがないし、尚且つ死なれてしまっては自分より情けないと思える人間が居なくなるだろう。
結局現実に居場所がない人間がネット上に自分を晒すのなんて嫌がられるし、生活がなりたたなかったら笑われる。



現実に居場所がない人間は固定ハンドルを持つか、匿名にするかの違いはあるが大抵はネットに出てくる。
固定ハンドルになんかしていると下手に目立ったり、少しでも承認を得たりすると、匿名から汚い形でディスを得たり、生活がなりたたなくなると馬鹿にされたりするのだが、匿名の人間も匿名の人間でやる事は同じなのに名前を持たないのには後ろ暗い理由があることもある。
ウナチャンマンのアンチがどう言う人間が多いかは分からないが人はよっぽど何もない人間に腹なんて立てない。

何もない癖に勘違いをしている、何もない癖に承認されている。
そんな時に人はアンチになる。
しかし結局現実に居場所がない人間同士が匿名と固定ハンドルで争っている場合、どっかにああなりたいのにああはなれない自分がいるんだ。
だから今すぐ死んでほしくはない。
精々悲惨に生きて悲惨にくたばってほしい。
現実に居場所がないからネットに居場所を求める駄目人間なんて、本当は罰したい自分の持つ嫌な部分を他人にスケープゴートして罰を与えたい人間も多いだろう。

一番良いのは関わらない事。
匿名で叩いても金にも成長にもつながらないし、固定ハンドルで多少の承認や銭を満たせても虚しいだけだ。
しかし寂しさには勝てない。