読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【地頭×知的好奇心=推理力】カズレーザーの頭の良さの正体。

嫌われ者のブログ 社会

news_20160607195304-thumb-645x380-87978.jpg

メイプル超合金のカズレーザと言う芸人は同志社大学卒業であり確かに高学歴だ。
しかし彼のクイズの正解率は東京大学堀江貴文を悔しがらせ、京都大学の宇治原にカズレーザーに(クイズの)年間成績で負けた場合は「『Qさま!!』を引退する」とまで宣言させた。
格上の学歴に意識される彼の頭の良さの正体は一体どこにあるのか?
その答えは彼の二面性にあると私は思う。

勿論二面性だけあってもダメだ。しかし彼には関関同立に合格できるだけの座学の基礎がある。
そして一番人目を惹くのは彼の二面性はどちらも嘘偽りではないと言う事だ。
カズレーザはいわゆるどのようなタイプとも楽しくお喋りができる。
いわゆるオタクやDQN共だ。
普通の人ならどちらかと話している時は無理をしている可能性が高いが、カズレーザはどちらも恐らく本当の顔だ。
二面性のある人格がどちらも嘘ではなく一人の人間として成立している。
こう言う事は私は珍らしいと思う。

勿論デメリットもある、カズレーザは国立大学を目指していたが合格に至っていないが、恐らくは二面性のある性格のせいだ。
完全に私の偏見だがマーチ・関関同立を偏差値で抜け出すには地頭の良さ以上に絶対に受かるべきであると言う激しい思い込みが必要になる。
多様な価値観と言えば聞こえは良いが、DQNともオタクとも恐らくは仲良くできるカズレーザの二面性。
関関同立を抜け出すには気が散ったのだろう。

それに加えてカズレーザは銀行の内定を蹴って、芸人になった男。
学歴にだけ気を向けるには自分の中にファンタジーが多すぎる。
しかし彼の二面性は学歴をとる際には多少のデメリットになってもクイズの世界では強かった。



タレントの伊集院光もクイズタレントのような見方をされるが、彼は製薬会社の父親から産まれた頭の良い家の息子ではあっても最後に通った高校も高学歴とは全く言えないような高校しか卒業はしてはいない。
彼は抜群の雑食な知識と人間の裏を見る推理力で正解を導き出すがそれは座学の基礎が出来てはいない人間。
高学歴には正解率で追い付けない。

クイズの推理力についてはカズレーザは完全に伊集院光の上位交換だ。
彼は座学の頭の良さも、DQN的な運動神経に関係する頭の良さも持ち合わせており、加えてあらゆる人間と下記寝なく人間関係を築ける。
彼の頭の中には様々な知識が溢れていて、溢れていても瞬時に思い出せないのでは意味がない。
しかしDQN的な運動神経はまるでスポーツのように適切な場所で知識を瞬時に引き出す。

分からない問題に対しては伊集院が知識×疑り深さ×想像力で対処するのに対して、カズレーザーは自分の中にいるDQNとオタクが瞬時に話し合いを始める。
完全に偏見だが世の中には突き詰めるとオタクとDQNしかいない。
彼等が話し合えばほとんどの問題に恐らく予測はつく。
知識と言うのは適切に結び付けばまるで答えが見えるのが当たり前のようにあっという間に正解にたどり着くんだ。