読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左翼も右翼も本当は底辺の事を馬鹿にしているのに、都合の良い時にだけは囲い混み、あるいは批判の材料にする。

嫌われ者のブログ 社会

9ed888db-l.jpeg

ネットにいる左翼ではない人達にネットウヨというレッテルを貼った人達は、自分達の事は何だと思っていたのだろうか?左翼かもしくは中道ど真ん中か。
左翼が左翼ではない存在を右翼であると名指ししたのならば、私はネット右翼ネットウヨと言う呼び方に反発はしない。
しかし中道ど真ん中とでも言いたげな連中が作った言葉なら手前は自覚症状もない癖に他人にレッテルを貼るなと猛反発する。
野田佳彦が言ったような中道ど真ん中の政治主張なんてどこにもありはしない、人間の主張はみんな何かしら片寄っている。

右翼は自分達を右翼だと語る(事もある)がネトウヨはやたらめったらと、自分達をネトウヨだとは認めたがらない。
他人から勝手につけられたレッテルに猛反発しているんだ。
何故ならネトウヨは、左翼と右翼のように郵書のある言葉ではなく、何らかの意図が見る人によっては強く見て取れる言葉だ。



たまに自分達が名乗っている訳でもないのに、訳知り顔の人間がネトウヨはそもそも○○を○○している訳ではないから右翼ではない。
右翼の風上にも置けない面汚しだとでも言いたそうにしたり、実社会の右翼と言われる事もある政党のサポーターや、凱旋右翼と同列に語ろうとしたりする人達もいるのだが、そもそも名乗ってもいない存在にレッテルを張るのは可笑しいと言うのが実際に2ちゃんねるで私がレスした、本人達は社会から見たらネトウヨだが自分達は決して認めたがらない、私から見てもネトウヨの人達の意見である。
訳の分からない存在が鬼の首を取ったように語りたがるネトウヨだが、不用意に語れば語るほどネトウヨと言うのは、互いに意味が通じない上に認識がずれているマニアックな言葉になっていったように思える。



まあ確かに俗に言う特亜に関係する人達の事を、とても口汚い言葉で罵りながら自国民の礼儀の正しさを主張するような″鏡を見ろ″とでも言いたくなるネットの正体不明な人間に、名前をつけたかったのは分かる。

しかしつけた名前が右翼に関係する言葉で、ちょっとでも右翼みたいな発言をしたのなら、すぐにネトウヨとレッテルをつけるような相手側の行動は絶対によくはなかった。

まあこれはネットには何かあるとすぐに在日認定するような人達も多いので、互いに問題があるとしか言えないのだが、ネットウヨと言う曲がりなりにも右翼に関係する名前をつけた人達に対して″社会的な底辺がネトウヨをやっている″と言うレッテルをつけたのは絶対に間違っていた。



それを言ったらボロボロの家に共産党のポスターを貼っている世帯は底辺ではないのか。
中流以下のような家庭が公明党のポスターをかかげている様も見る事があるがあれは偶然か?
当たり前だろう、選挙権は誰でも持っていて、底辺だって無数にいる。
票が入るなら誰にでもお金をばらまくのが、日本の政党だろう。
そして国が一大事になればなるほど底辺は増えて、結局政党と言うのは票を持っている世帯になびく。

都合の良い時にだけは底辺に媚びて票を頂いている癖に、ネトウヨと勝手に名前をつけた右翼には底辺の烙印を押して、左翼を指示している底辺には目をそらしている。

あるいは共産党公明党は真の左翼ではない。
もしくは左翼を指示している底辺は綺麗な底辺だとでも言いたいのだろうか。

普段は汚いもののように見ている癖に、都合の良い時には甘やかせ、挙げ句他人を批判する材料にさえ使っておいて、最終的にはどうしようというのか。
権力者なんて、信用できたものではない。



まあでも実際は底辺なんて気持ち悪くて、性格も良くはなく、デメリットの塊のような人間も多いんだから馬鹿にされてもしょうがのない。
私達が当たり前のように使っているものの多くは、一部の頭の良い人達が作ったものに我が物顔で只のりしているだけだ。
その上に、この先恐らくは労働力としてさえ必要なくなって働かなくなり、多分上の人間が優しい顔をしたなら我が物顔で漬け上がって、偉そうに社会主義のような保護をよこせと喚くだろう。
私達は殺処分するのは可愛そうだが、殺処分しなければ我が物顔でやかましく吠え続ける馬鹿犬みたいなものだ。

最終的にどうするかは権力者の人達の腹一部にかかっているのだが、私だって相手が殺しにかかるつもりなら、全力で対抗しなくてはいけないので、もしよろしければ優しい飼い殺しか、鷹ノ爪団総統の口癖のように優しく殺してほしい。
底辺と言うのはこのように我が儘だから、最終的に権力者達が、腹に耐えかねて処分するのか、人間として接してくれるのかは、今はまだ分からない。