読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下りとベーシックインカムの共通点について。

嫌われ者のブログ 社会

ダウンロード

一昔前は天下りが叩かれたが、今の国民の一部は結構真面目なトーンでベーシックインカムを寄越せと言い始めている。
結局はそうだ、モラルというものが吹き飛べば、みんな楽してお金を貰いたいと思っている。
楽してお金を貰う手段が無理になった負け組が、国に頼る案ばかりを口にする。
勝ち組からすればさっさと気付けと、気付いてその様なら現実を受け入れろという気持ちだろう。

今の労働は確かに楽だ、これで定年退職まで働けて、退職金ボーナスありで、給料も立派なそんな仕事も世の中にはあるのだろう。
しかし、誰もがそういう仕事につける訳ではない。
変な夢を追いかけたり、認識がずれていたり、家庭が貧困だったりした人達が仮に皆その場所を目指したとしても、必ず落伍者は出てくる。
楽な仕事じゃないと、これから先に体力も落ちる中で、どんどんと性格の悪さが顔ににじみ出るようになり、根性も歪み、矛盾した事を何度も言うようになる。
そうなるのが一部なのかどうなのかは分からない。