読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ生の雑談系生主が40代を生きる不安要素について。

嫌われ者のブログ ネット(人物)

and_294148.jpg

ニコ生主のニートスズキは、20代の多くの時間を無職として過ごしてきたにしては本当に良くやったと思う。
初めのコールセンターの仕事だって5年は続いたし、とりあえず40歳までは(FXで借金さえしなければ)安定した人生を送っている。
しかしやはり40代、今後はどうなるか分からない。

駄目人間ブログランキング第三位のブロガーは今45歳で、仕事が見つからずに困っている。
とにかくはやめに自分の悩みを消化したかったので、この文章は昨日の文章と被る所があるのだが、横山緑は専門学校を卒業した後、謎の生真面目さで働き続け、最終的な職歴はAV業界だったが、30歳の当時500万円は貯金があったのだという。

しかし、持ち前の浮気性な性格が災いして、後になって色々な疑惑が出てきた最終的に風俗で働いていた事が分かった女性とよく知りもしない内にできちゃった結婚して、今やよっさん(いつの間にか136万円貯金したのかは知らないが)より貯金額が少ないのらしい。
私は内心では横山緑は、このまま老後まで逃げ切ると踏んでいたが、やはり駄目人間が40代を越えて逃げ切るのは難しいらしい。



さてそのニコ生主の横山緑だが、彼は放送の冒頭で゛配信8年目゛と言う事がたまにあるのだが、横山緑は本当にニコ生創成期からいる生主で、横山緑でさえ配信8年目だとしたら、勝手に横山緑がニコ生黄金世代と呼んでいる世代の1人、同い年のNERもその程度しか配信をやっていない事になる。
ニートスズキはもしかしたら少し年代がズレるかもしれないが、横山緑が言うニコ生黄金世代とは、大体今39歳~40歳で、言うなればダメ人間である事がネットでお金になった走りの世代だ。

現実世界での職歴が安定せずに、ニコ生歴の方が長くなってしまった人も多いが、その筆頭の横山緑ですら8年なのだから続けるという事はままならない。
毎年寝太郎氏のbライフもそうだが、一生を見据えた計画だったはずの小屋暮らしも最近では疑惑が強くなっている。
ダメ人間にとって本当に続けるという事はままならない。



あの例のコピペ、正社員にならなかった人間の末路を語った例のコピペだが、おーぷん2ちゃんねるのVIPには不定期的にあのコピペを引っ提げてスレを立てにくる人がくる。

それはあのコピペは、真理だと思うが正社員脱落組について語られていないのは煽る為という側面が強い為だろう。
正社員なんて最後までしがみついて始めて意味があるんだ、途中で手を離すんだったら指して変わりはない。

゛あのコピペの人゛。
私の中では ゛あのコピペの人゛なのだが、一体何をしている人なのかとレスをつけた事があるのだが、゛自営業゛とのみ言い残して急に゛寝る゛と言い始めた為、どうも胡散臭い。
とにかく今は4割が非正規の時代、正社員にしがみつくだけの根性もない。もしくは名ばかり正社員なら、なんとかして詰まない方法を考えなくてはいけない。

しかし日本が右肩上がりだった時代の労働者の老後にすら歪みが出始めているのに、私達4割、もしくは4割以上に本当に生き抜く策はあるのか。
第一次産業と飲食と広い意味でのリサイクル、転売。
企業に頼らずに生きたいなら大体これぐらいしか選択肢はない。



老人になっても働きたいなら、警備員、ドライバー、もしくは何かのドキュメタリーでほとんど老人に当たる伝統芸能の担い手の男性が仕事を失い職安でビルメンの訓練を行い再就職した姿を見たことがある為(あれは特殊な場面かもしれないが)ビルメン。
しかし警備員は保証人の欄が厳しいと聞く。
第一次産業とはいっても、漁業は厳しい、畜産は手元がないとなると目につくのはあの業種だろう。

あの業種、今は競争競争で、簡単に食いぶちにはならない。
加えて同業者は大抵、陰湿な老人。
何にしろ甘くはない。
大体私の母も父も途中で仕事を辞めて、祖父方は第一次産業と飲食で生計を立ててきた人達だ。
仮に私がするとしたら、祖父と同じように屋台から飲食を始めるか。
しかしそれも厳しいのは目に入って来ている。