読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人は簡単には仕事を辞めない件。

嫌われ者のブログ 人間関係

9117c3cb43b5a90de7c748744c469b0f.jpg

昨日の飲み会も確実にその次の仕事のアテのことを詮索されると思ったから行かなかったてのもある。
どういう仕事するんですか?とかさ。
いやー。前にやってた仕事関係ですよみたいなことは言ったけど。
なんで私はこんなにも辞める時にいつも嘘をついてやめるんだろう?
前回の介護の時は親の介護が必要で。。。前々回は、うつ病になったので。。。
進撃の無職 ~2001年〜2015年の日記~″お願いだから退職の理由を聞かないでください。″より


現在自分の進退を探るために積極的に無言で探りをいれているのだが、他の従業員が雰囲気から察して、辞める時期を決めるというのはそう簡単に出来る事ではない。

依然たまたま隣の席になった人と少し世間話をしていて、その人がはじめの契約期間で辞めるみたいな話をしていたのだが、その人が年齢を重ねた背広姿の人であった為私は思わず聞いてしまった「ああ、じゃあ転職先はすでに決まっている訳ですね」。

大人のプライド的な事で辞めるようで少しの間きまづい雰囲気になった。

言ってしまった後にしまったと思ったのが世間一般には、ある程度年齢が上がれば転職先を探してから辞めるのが普通だ。
しかし私は自分だってすぐに辞める癖に他人に対しては常識を求めるのかと恥ずかしかった。
だが私だって本当は仕事をすぐ辞めるのは可笑しいと分かっている。



しかし、今の事業所の業務がいつまであるのか等と考えていたらすがりつく事に意味はあるのかという気持ちにもなる。
ただそんな気持ちになっても仕事は辞めたら辞めたでまた苦しいんだ。
まとまった時間が出来ても自分の能力は限られてくる、それならまだ働いていた方が良いという心持ちにもなる。

今日知らない大人が泣いていて、ぎょっとしたのだが考えてみれば私も大人だ。
私はすでに人前で泣いたら奇妙な眼で見られる存在になってしまった。

いかにも仕事が出来なそうな人だったが、世間は仕事の出来ない大人に厳しい。
私はキツい。