読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雰囲気が悪い嫌われ者はどうして生きていけばいいのか。

images_2016102902051608e.jpg

私が昔働いていた上司に言われたことがあってさ。
仕事が出来るか周りとコミュニケーションとれるかそのどちらもないお前はうちにはいらない。
仕事が出来る人間なら一人で何でも出来るだろう。
出来なければ周りに助けてもらいながらしなきゃいけない。
お前は仕事も出来ないし周りと良い関係も築けない。
逆にお前がいると職場の雰囲気が悪くなる。
分かるよな。→クビ。
そして私はひきこもり生活に入ったのでした。
進撃の無職 ~2001年〜2015年の日記~″ザ・ノンフィクションお金がなくても楽しく暮らす方法・京大卒34歳ニート″より


進撃の無職のくらげネコさんの配信を始めて見た時「ああ、これは嫌われるだろうな」って思ったよ。
何故ならくらげネコさんが発している雰囲気は当時の私の雰囲気そのものだったから。
その″当時″がいつだったかは忘れたが多少月日が立っても私が嫌な雰囲気を発している事には変わりはない。
逆に言うと雰囲気が良い人はどんなに人と話さなくても良い人間関係を作れるが、雰囲気の悪い人はその逆でどんなに気を使っても人間関係が悪くなるだけ。

人気者になると影でやっかむ人間が出てくるのは世の常で、くらげネコさんのブログの″フェイク″の部分を指摘する人もいる為に、私も全てが全て信じる訳ではない。
しかしくらげネコさんは日本で一番の強いメンタルと厚かましさを誇る大阪人で人気ブロガーだが、私は人気もないしメンタルも弱い。
本当に物を投げつけたくなるぐらいに追い詰められている。