読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シバターに見る嫌われ者が好人物の利益を得る現象。

嫌われ者のブログ ネット(人物)

14aa54b6.png

例えば著作権を無視した場所で自分の才能の一部がばらまかれていくら自称ファンがついた所で全く本人は潤わない。
○○さんユウチュウブでいつも見てます、聞いてます。

著作権を無視した楽曲にコメントをつけて、○○さんファンです、○○さんの楽曲はいいのに何で流行らないんだろう。
遠回しにディスってるようなものでも本人は気付かない。
他人をアクセサリーにしたいだけなんだから。



その点シバターは…と言ってもその儲けのカラクリには大分陰りが見えてきたが、ユウチュウブアカウント一億円で売りますなんてふざけている内は今の所全く想定外の事態にはなってはいない。
シバターは想定外の事態に弱くチャンネルがバンされた時はニコ生の放送で泣いた。
まだまだ余裕だと思っているんだろう。
事実ヘイトに厳しい世の中でも収益は本人談では順調に伸びている。

嫌われて辛いのは自分のせいで人が辞めた時、精神的肉体的苦痛を与えられた時。
金が入ってきている以上広告を見た上でのディスりなんて鼠のお遊びだ。
お金をくれて少し何か言われた所で仲間内のふざけあいとなんら変わらない。
好かれているのと何ら変わらない。

逆に金も払わず違法に見てファンだと言われる。
これは精神的苦痛を必ず受ける。
巧妙に偽装された陰口を言われたのと何ら変わらず精神的には嫌われた時と同じものを得るはずだ。

誉めてるのに遠まわしにディスっていて本人に悪意がないと言うのはステレオタイプの京都人の逆だ。
京都人は権力者が何度も変わる内に本音を隠すようになったと言われているが、ネットのこの状況は権力者不在だから起きている。

金正恩の性格は2ちゃんねるの固定ハンドルそのもの。

嫌われ者のブログ 社会

1d10f_1470_15f53f3d6976b83f2414e8b8083f78e6-cm.jpg

2ちゃんねるで一度煽りあいになったら中々降りれない。
降りたら相手に勝利宣言をされてしまうのは明白でありそれが許せるような人間は大抵の場合2ちゃんねるで煽りあいなんてしない。
金正恩の性格は2ちゃんねるの住人のテンプレートを素で言っている。
他国のトップと外交もしたことがない頭でっかちな人間。
頭でっかちでありながら外に出ていないから自分の敗北を認めない人間。

確かにそう言う人間はネットでも強い。
圧倒的に勝ちを譲らなければ大抵の場合相手は根負けして道を譲る。
大抵はそうだった。
しかし仮に場所が2ちゃんねるならドナルド・トランプと言う固定ハンドルは全く道を譲ろうとはしなかった。



ドナルド・トランプ金正恩と言う固定ハンドルは同じ板にいた。
そうなると、対立はいつか起きる事になる。
だって似たもの同士互いに自我を強く持つ二人だ。
第一印象はそれでも和やかな者だったドナルド・トランプは言う。
「(金正恩は)『頭がおかしい』か、そうでなければ『天才』だ」。

金正恩だってはじめはこんな色物の固定ハンドルに真っ青になるような状況に追い詰められるとは思ってはいなかっただろう。
しかし金正恩は後にトランプを怒らせる。



2ちゃんねるによくある光景だ。
互いに自分達の身分に探りを入れる、どちらかが相手が嘘をついていないことが分かって真っ青になる。
現実ならここで終わりだ。

2ちゃんねるなんて画面を閉じてしまえばやがては意地の張り合いも忘れてしまう。
しかし金正恩にとっては2ちゃんねるの意地の張り合いが現実であり人生でもある。
金正恩の心はまるで匿名掲示板の中にある。
今更意地を張るのを辞めれる訳がない。
皆が金正恩を見ている今更省みることはできない。

しかし金正恩には意地はあっても覚悟はない。
今まで他国のトップと一度も外交をしたことがない人間が今の状況をリアルに認識できるはずがない。

人間は嫌っている人間に天敵の姿を見る。

嫌われ者のブログ 人(パターン)

images_20170419080716bd7.jpg

人間は嫌っている人間に天敵の姿を見る。
肉食獣だったり毒蟲だったり人間が生きる上で驚異を消してきた天敵達だ。
結局どんなに歪に弄っても皺寄せは来る。

今や人間の敵は誰よりも人間だ(ウィルスだと言う話も出るだろうがそれは無視する)。
仮に人間が神に愛されているなら私みたいな存在は必要ないし、存在もしない。
私は自然界のヘイトを人間が背負った存在だ。
人間が増えれば増えるほど人間が人間を嫌わなくてはいけなくなる。



そういう風な言い訳を考えたが結局悪いのは私だ。
天敵がより強い害蟲や害獣だった時代の方が人間は人間を嫌わなかったなんて、ちょっと考えたら異論が出てくる。
しかし上に書いたような側面も世の中には必ずあるだろう。

エデンの林檎なんてあるわけがないだろう聖書を信じる連中は人間の存在にファンタジーを求めすぎている。
しかし人間が不幸になった原因は知恵の実か、或いはパンドラの箱か、そういうものに代表される。
憎いから攻撃する、危険だから攻撃する。
それは或いは見えなくなるか、その場の溜飲が下がるかもしれないが、根本的な解決になってはない。

社会不適合者や弱者は大体が不愉快な人間。

嫌われ者のブログ 人(パターン)

3f665cf2.jpg

引きこもりや鬱病の中にはどうしようもない人間がいる。
自分に対してはメソメソメソメソして自己防衛に走る癖に、ある一定の自分が叩いては良いと感じた敵に対しては鬼の首をとったように攻撃的だ。

結局は不愉快な性格だから社会から弾かれた。
その事実を鬱病とか引きこもりとか何らかのオブラートに包んで受け止めないようにしている。

いじめがあったり、貧困があったり、それは確かに社会問題だが″不愉快な存在だから社会から弾かれました″と言うのは世の中の事実の一部だ。

でもあまり言わなくはないだろうか当人が″不愉快な存在だから社会から弾かれました″なんて言うことは。



とにかく不愉快な存在に生まれた以上自覚しようが、或は自分のメソメソした性格を優しい性格のように勘違いして社会を悪に仕立てあげようがやることは同じだ。

他人を不愉快にさせる。
これはもう産まれ持ったものは変わらない。
愉快な人間は人を愉快にするだろうが、不愉快な人間は人を不愉快にする。
結局不愉快な人間が気に入らないなら最終的に息の根を止めるしかない。
生まれ持った生き方は中々変えれない。
不愉快な人間は愉快な人間になんて今更なれはしない。
本当に見たくないなら直接的手段に出るしかない。

しかし現実だと中々そうは思えないんだ、相手も人間だと思うから。
本当に気に入らないなら挙げ句後先考えずに手だって出せるんだから。



しかしネットはそうはいかない。
生身がない分、殴る事もできず顔が見えない分人間としても存在が希薄だ。
ネットで煽っても皆割りきっているのなら誰もなんJで一番有名なコテハン八神太一の住所にお礼参りになんて行きはしない。

ネット時代になってイスラム教の教徒数は爆発的に伸びた。

「3人に1人がイスラム教徒」の時代をどう生きる?『となりのイスラム』


イスラム教=悪ではないし、イスラム教=イスラム国ではないが、イスラム国と言えば異教徒は徹底的に排除する事で知られている。
ネットで見えた価値観が気に入らない人間に話し合いは無駄だと、直接的手段に出るしかないと考える人が増えてもおかしくはない。

何度も言うがこれが現実なら皆多少はどこかで妥協するんだ。
眼に見えない人間のヘイトはネットだからと皆割りきっている訳ではない。
ある種の人間は知らず知らずの内に極めて不健康に怒りを溜め込んでいる。

【地頭×知的好奇心=推理力】カズレーザーの頭の良さの正体。

嫌われ者のブログ 社会

news_20160607195304-thumb-645x380-87978.jpg

メイプル超合金のカズレーザと言う芸人は同志社大学卒業であり確かに高学歴だ。
しかし彼のクイズの正解率は東京大学堀江貴文を悔しがらせ、京都大学の宇治原にカズレーザーに(クイズの)年間成績で負けた場合は「『Qさま!!』を引退する」とまで宣言させた。
格上の学歴に意識される彼の頭の良さの正体は一体どこにあるのか?
その答えは彼の二面性にあると私は思う。

勿論二面性だけあってもダメだ。しかし彼には関関同立に合格できるだけの座学の基礎がある。
そして一番人目を惹くのは彼の二面性はどちらも嘘偽りではないと言う事だ。
カズレーザはいわゆるどのようなタイプとも楽しくお喋りができる。
いわゆるオタクやDQN共だ。
普通の人ならどちらかと話している時は無理をしている可能性が高いが、カズレーザはどちらも恐らく本当の顔だ。
二面性のある人格がどちらも嘘ではなく一人の人間として成立している。
こう言う事は私は珍らしいと思う。

勿論デメリットもある、カズレーザは国立大学を目指していたが合格に至っていないが、恐らくは二面性のある性格のせいだ。
完全に私の偏見だがマーチ・関関同立を偏差値で抜け出すには地頭の良さ以上に絶対に受かるべきであると言う激しい思い込みが必要になる。
多様な価値観と言えば聞こえは良いが、DQNともオタクとも恐らくは仲良くできるカズレーザの二面性。
関関同立を抜け出すには気が散ったのだろう。

それに加えてカズレーザは銀行の内定を蹴って、芸人になった男。
学歴にだけ気を向けるには自分の中にファンタジーが多すぎる。
しかし彼の二面性は学歴をとる際には多少のデメリットになってもクイズの世界では強かった。



タレントの伊集院光もクイズタレントのような見方をされるが、彼は製薬会社の父親から産まれた頭の良い家の息子ではあっても最後に通った高校も高学歴とは全く言えないような高校しか卒業はしてはいない。
彼は抜群の雑食な知識と人間の裏を見る推理力で正解を導き出すがそれは座学の基礎が出来てはいない人間。
高学歴には正解率で追い付けない。

クイズの推理力についてはカズレーザは完全に伊集院光の上位交換だ。
彼は座学の頭の良さも、DQN的な運動神経に関係する頭の良さも持ち合わせており、加えてあらゆる人間と下記寝なく人間関係を築ける。
彼の頭の中には様々な知識が溢れていて、溢れていても瞬時に思い出せないのでは意味がない。
しかしDQN的な運動神経はまるでスポーツのように適切な場所で知識を瞬時に引き出す。

分からない問題に対しては伊集院が知識×疑り深さ×想像力で対処するのに対して、カズレーザーは自分の中にいるDQNとオタクが瞬時に話し合いを始める。
完全に偏見だが世の中には突き詰めるとオタクとDQNしかいない。
彼等が話し合えばほとんどの問題に恐らく予測はつく。
知識と言うのは適切に結び付けばまるで答えが見えるのが当たり前のようにあっという間に正解にたどり着くんだ。

性の喜びおじさんに見るやり過ぎたキョロ充の被害者達。

嫌われ者のブログ ネット(人物)

smallzz.jpg

結局嫌っている事を態度に表明するのはストレス発散になる。
見下している事を態度に表明するのはストレス発散になる。
見下されるには、もしくは嫌われるには相手にも落ち度があったのかもしれないがそれもやりすぎると依存している事になる。
馬鹿にしたり嫌ったりする人間に依存される方は溜まったものではない。
しかしツイッターやユウチュウブにも関わらず、それでも相手が反応を示さずブロックもしてこないならどうでも良いと思われているか逆に見下されているか、或いは幼稚な行動を許してしまっているのだ。

一体本当はどちらが見下す対象かと言う話だがそれはやりすぎたアンチの話で批判がなくては世の中は正しくまわらない。



インターネットにはsyamu gameのシャムさんという人がいる。
皮肉って大物ユウチュウバーと言われる事の多い既に引退したユウチュウバーで一言で言うとツッコミ所の多い人だ。
ネット民はこういうツッコミ所の多い人物が好きでそして頻繁にやりすぎている。
一人間でありながらコンテンツのような認識をされた人達は、はじめはそれを受け止めながらもやがては引退する定めにある。

性の喜びおじさんと言われた人物は挙げ句死んでしまった。
詳しいことは不明だが電車の中でいつものように卑猥な言葉を口走っていると(中略)相手の男は怒り狂い挙げ句気道も確保できない状況で取り押さえられ死んでしまった。
この事件でネックになるのは加害者が死なせてしまった相手を性の喜びおじさんと認識していたかどうかだが

①いつものように卑猥な言葉をおじさんが口走っているとそれを盗撮されていた事におじさんが気づき騒動に発展した。
②いつものように卑猥な言葉をおじさんが口走っていると、加害者の男がそれを注意してきて、おじさんが逆ギレすると加害者の男が威嚇するように盗撮を開始。騒動に発展した。
③いつものように卑猥な言葉をおじさんが口走っていると、加害者の男がそれを注意してきて、おじさんが逆ギレすると騒動に発展した。

主にネットではこの3つが候補として囁かれている。

ネットでは限度を超してぶちギレた加害者の就活生らしき男をキョロ充として見ているようだが(怒りの加減の調節がおかしい事から普段から人に突っ込まれたり馬鹿にされたりすることを許さない。結果的にやりすぎおじさんが亡くなっている事から普段から喧嘩慣れしていない)大体こういうコンテンツになってしまった人間を引退に追いやるのは(おじさんの場合は亡くなってしまったが)意気がったキョロ充だ。
オタクでもリア充でもない彼等はマイノリティでありながらマイノリティの実感を持たず自身を普通よりの人間だと考えているから常にやりすぎる。



人を口汚く罵り、挙げ句は暴力まで振るう傾向にあり、集団ストーカーの被害にあっていると主張していたaiueo700だって、はじめは凸者にも正統性があった。
しかし次第にキョロ充みたいなのがやりすぎるようになり、今では完全にやり過ぎている。
DQNはネットで叩かれるし、オタクもオタクで叩かれる。
しかしキョロ充はDQNとオタクを都合よく使い分けて常に叩かれないように偽装している。

例えば本来ならコンテンツ化した人間にやりすぎるキョロ充の立場でありながら、自分がコンテンツになってしまったなんJで一番有名なコテハン八神太一は典型的なキョロ充だった。
教室では控えめに過ごし何とかクラスの主流派に食い付き、マーチの父と自分より頭の良い弟へのコンプレックスにストレスを溜め、それが彼をなんJでの熱い自分語りと全方位ディスに駆り立てた。

八神太一はたまたま住所を特定されたが、大抵のキョロ充というのは依存している対象にネットで″死ね″とか打ち込みながらのうのうと生きている。

ツイッターの鍵アカ商法について。

嫌われ者のブログ 人(パターン)

twi.jpg

鍵アカウントからのフォローと言うのは単純に相互フォローを狙っているのか、ツイートを見たいだけなのか分からず、仮に鍵アカウントで相互フォローを狙っているのなら私だったらそんな事はしない。
だって鍵アカウントの誘惑に負けてフォローしたら中に私がいたらどうする?
内容が自分にとってしょうものない情報ならしょうものない情報である程怒りが沸いてくる。
一体何を隠したかったんだ、仮に隠したいなら隠したままにしていたら良かった。



自分を隠した状態でフォローなんかされたら取りあえずはフォローするしかない。
それでフォローして良かったこともあるし悪かったこともあるが大体そういうアカウントはいつの間にか消えているので長期的に見てフォローする意味があるかと言うとあまりないと思う。
私は大抵はネットで自分の事をやたらとオッサンだと言いたがる人間が嫌いだ。
脂ぎった自分を可愛く見せようとするような気持ちの悪さがある。
狙って可愛く見えるわけがないだろう自分をオッサンと言いたがるような何もない人間が。



やはりフォローするんじゃなかった、オッサンと言うのは既にキズで悪臭でそれをわざわざ自称するならよっぽどの玉が必要になるが大抵の場合はキズにキズじゃないか。
年齢の話をしている訳じゃないんだ。
なんでダイレクトに持ってくるんだ気持ちの悪い事実を気持ちの悪い言い方で。
いくら年齢が高くなったからと言って何でオッサンと言いたがるのか分からない。
デシタルに老いは相応しくない。
何がオッサンだ自分は茶化すほど可愛い存在か。

しかし勿論例外もある。